カレンダー

2016年6月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

が休業日です。

ハワイのアサイーボウル食べあるきMAP
アサイーボウルの作り方
業務用アサイーのお問い合わせ
ライフスタイル ヘルシー アサイーのブログ
サンバゾンオフィシャルサイト
ホーム > アサイーとは

アサイーとは

アサイーとはアマゾンの熱帯雨林に育つ、ヤシ科の植物です。

アサイー(Açai)は、ブラジルのアマゾン熱帯雨林に自生する、ヤシ科の植物です。
熱帯雨林の直射日光と、大量に振り続く激しい雨の中という厳しい環境下で、1年かけて育ちます。アサイーの木は細長く、20m~30mほどの高さに育ちます。アサイーベリーは、幾つもの細い枝と枝との間に房状に実ります。ひとつの木に約3~4房の実がなり、1房あたりの量は3~6kgにもなります。豊かな自然で育った紫色の小さな粒には「スーパーフード」と言われるほど多くの栄養素が含まれています。

アメリカのセレブリティ、ワールドクラスのアスリートや健康志向の人々に親しまれているアサイーですが、アマゾンという過酷な環境のもとで育っているため、非常に栄養価が高いことで知られています。その栄養価ゆえに「スーパーフルーツ」とも呼ばれています。

アサイーとはアマゾンの熱帯雨林に育つ、ヤシ科の植物です。

アサイーには、赤ワインと同じファイトケミカル(フィトケミカル)の抗酸化の作用をもつ、アントシアニンが豊富に含まれています。その他にも、カルシウム、カリウム、鉄分、マグネシウム、ビタミンE、必須脂肪酸、食物繊維、アミノ酸などとても多くの栄養素を含んでおり、あなたの健康をサポートするのに役立ちます。味は至って上品で、ココアの風味に似ているとも言われています。

アサイーは古くから現地の人々に親しまれてきた貴重なスタミナ源です。しかし劣化が非常に早く、酸化により豊富な栄養素が失われてしまうため、国外輸出は困難とされてきました。そのため、今までは世界でその名が知られることもありませんでした。

サンバゾン™は、現地にブラジル最大規模の工場施設を設立。最新鋭の科学技術を駆使し、木を切り倒すことなく、先住民の手で採られたアサイーは劣化が早いため、栄養素を保持するために、24時間に工場へ運び込み、安心・安全で新鮮なアサイー加工することが可能となりました。同社はGMP(医薬品の製造管理、および品質の管理基準)とHACCAP(食品の製造・加工工程から消費者に至るまで、一貫して安全性を保証するための管理方式)を取得認証しています。

アサイーは種が非常に大きく、可食部は全体のわずか5%しかありません。しかし、この部分に豊富な栄養素が含まれているのです。アサイー収穫後は、この果肉と果皮のみを使用して濃厚なピュレを作ります。
20.7kgのアサイー果実からは6.9kgの冷凍のアサイーピュレが作られ、更にこれから約1kgのフリーズドライパウダーが作られます。

アサイーには、こんなにたくさんの栄養素が含まれています。

アサイーには、こんなにたくさんの栄養素が含まれています。

アサイーは種が非常に大きく、可食部は全体のわずか5%しかありません。しかし、この部分に豊富な栄養素が含まれているのです。アサイー収穫後は、この果肉と果皮のみを使用して濃厚なピュレを作ります。
20.7kgのアサイー果実からは6.9kgの冷凍のアサイーピュレが作られ、更にこれから約1kgのフリーズドライパウダーが作られます。

老化や病気などに抵抗する力のことを「抗酸化力」といいます。また、体内で活性酸素による酸化を防ぐ作用のことを「抗酸化作用」といいます。活性酸素は本来、体内に侵入してきた細菌やウィルスを撃退する重要な役割がありますが、増えすぎると自分の細胞を酸化させ、傷つけ始めてしまいます。これが老化を促進したり、ガンを引き起こす原因になります。

抗酸化力とは、その酸化を防ぐ力のことで、身体を若々しく健康に保つ効果があると言われています。ポリフェノールやビタミンC、ビタミンEなどにその作用があることが知られていますが、これらのことを「抗酸化物質」といいます。活性酸素の増加を防ぐことで、生活習慣病の予防にもつながるのです。

活性酸素吸収能力を示すORAC値

米国農務省(USDA)と国立老化研究所の研究者によって開発された、活性酸素吸収能力を分析するための指標を、ORAC値(Oxygen Radical Absorption Capacity)といいます。これにより、具体的な数値によって活性酸素吸収能力を評価することができます。

アメリカではORAC値をパッケージに記載する食品 メーカーが多いため、消費者は商品ごとの活性酸素吸収能力を知ることができます。 右の図は、サンバゾン™社のアサイーが示す活性酸素吸収能力をグラフ化したものです。

活性酸素吸収能力を示すORAC値

アサイーパウダーの加工方法

アサイーパウダーの加工方法は、大きく分けて2つあります。

スプレードライ

スプレー加熱して果実の水分を全て蒸発させ、粉状に乾燥させる方法です。この工程で、デキストリン(多糖に分類され、デンプンの加水分解により得られる食物繊維の一種。健康食品やスナック菓子類に広く利用される)が添加されます。加熱により本来の栄養素を壊してしまうだけでなく、添加物によりアサイーの割合も低くなります。また、添加物がアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性もあります。色は薄いピンク色になります。

スプレードライ

フリーズドライ

凍結乾燥して水分だけを取り除き、アサイーの栄養素を最大限に引き出す製法です。 アサイー収穫後24時間以内に、種子を除去、可食部のみを低温殺菌し、水分のみを飛ばして凍結乾燥させます。色は濃厚な紫色のままです。 サンバゾン™社は、このフリーズドライ製法を採用しています。

フリーズドライ

アサイーの加工工程

アサイーの木はアマゾンの河口域や氾濫原林に自生していますが、昔ながらのアサイー農家もまた、アサイーの木に囲まれた川沿いに住んでいます。アマゾンの鬱蒼とした熱帯雨林には大型機械の搬入が出来ないため、アサイ―ベリーの収穫は全て、こういった現地住民による手作業で行われます。豊富な栄養素とフレッシュな味を保つため、収穫は迅速かつ慎重に行われます。

フリーズドライ STEP1

収穫

20~30mの高さのアサイーの木に登り、房を取り下ろします。
アサイーの寿命は1000年以上とも言われ、毎年夏になるとアサイーを収穫することが出来ます。

フリーズドライ STEP2

摘み取り

アサイーは木を切り倒すことはなく、手作業で1粒1粒丁寧に枝から取り除かれ、シダの葉で出来た大きなカゴに入れられます。

フリーズドライ STEP3

工場へ搬送

アサイーのカゴはすぐ、アマゾン川下流の船着き場に移動し、トラックでまとめて最新鋭の工場へ運び込まれます。

フリーズドライ STEP4

洗浄・検査

工場に運び込まれたアサイーはベルトコンベアに載せられ、ろ過水で洗浄されます。サンプルは研究室に運ばれ、栄養素と微生物の検査が行われます。安全性・新鮮さ・品質がここでチェックされます。

フリーズドライ STEP5

瞬間低温殺菌

USDA(米国連邦農務省)認定の有機認証基準に基づいた衛生管理のもと、アサイーを瞬間低温殺菌します。

フリーズドライ STEP6

パッキング•冷凍•保管•輸送

殺菌後すぐにパッキング、急速冷凍します。このあと冷凍コンテナで世界中へ出荷、100以上の商品に利用されます。

お問い合わせの多いご質問

Q&Aページを設けておりますのでご参照下さい。

Q&Aページを見る