カレンダー

2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

が休業日です。

ハワイのアサイーボウル食べあるきMAP
アサイーボウルの作り方
業務用アサイーのお問い合わせ
ライフスタイル ヘルシー アサイーのブログ
サンバゾンオフィシャルサイト
ホーム > サンバゾン™とは

サンバゾン™とは

アサイーのグローバルリーダーです。

サンバゾン™社は、アサイーのグローバルリーダーです。2000年の設立後、初めてアサイーをアメリカにもたらしました。
同社は、サステイナビリティ(持続可能性・持ち堪える力)という考えに基づいて運営されています。 また、自らの成長と発展のため、有機栽培の高品質なアサイーをお客さまに提供し続けること、また、アマゾン先住民の生活を支援することと、 熱帯雨林を保護することがミッション(使命)だと考えています。

WHAT WE MAKE、WHAT'S INSIDE-THE TRINITY

そもそもサンバゾン™社は、ミレニアムを祝うためにブラジルを訪れたことがきっかけとなり、設立されました。
カリフォルニアの地元サーファーたちとの旅行の中で、私たちは雄大な自然とアサイーの素晴らしさに夢中になりました。 ブラジル旅行の終わりの日までに、アサイーの素晴らしさを世界に発信するための計画を練り上げていた程です。

初めてのアサイーの味は、私たちにエネルギーを与えただけではなく、心をも刺激しました。 現地の人々がアサイーを収穫することで、森林伐採をすることよりも多くの収入を得られることに気付いたからです。

ブラジルのリゾート地

設立後すぐは、苦労の連続でした。

こうして2000年のはじめにサンバゾン™社は設立されたのですが、何しろ当時アサイーは全くの無名。
私たちはコツコツと資金を貯めてアサイーの冷凍パルプのコンテナを購入し、南カリフォルニアにあるジュース・バーに営業販売を始めました。 店舗を一軒一軒回ってはドアをノックし、アサイーの素晴らしさを伝えました。 それだけでは足りないと、行く先々で販促用イベントも幾度となく繰り返しました。

この必死の努力が実り、その年の夏が終わる頃には、50軒以上ものジュース・バーがサンバゾン™社のスムージーを置いてくれるようになりました。 その後はビーチエリアやニューヨーク、ボルダーやオアフ島などの人気スポットにまで営業を拡大するようになりました。

設立後すぐは、苦労の連続でした。

同社は、世界でも最高峰の品質のアサイーを、適正価格でお客様に提供しております。
アサイーは、木々を伐採することなく収穫できる上、現地の人々にとってもより良い収入源になるため、森林保全に繋がります。 同社は、継続的な農業を通してアマゾン熱帯雨林を保護し、何千もの地元の家族の生活に貢献し、適正価格で取引する供給プロセスを構築しました。

利益の一部は、現地の人々の教育支援、健康支援、熱帯雨林の保護を支援する為に使われています。 豊富な栄養素のスーパーフルーツ、サンバゾン™のアサイーを食べると、アマゾンの環境保護と先住民の生活支援にもなるのです。

アマゾン熱帯雨林の保護に尽力しています。

アマゾンの森林伐採を食い止め、その保護を促進するため、サンバゾン(TM)社は2003年に アマゾン継続維持活動(Sustainable Amazon Partnership: SAP)を開始しました。

アマゾン継続維持活動(SAP)とは

アマゾン先住民の雇用確保と教育制度の充実、熱帯雨林の保護と生態系の保全などを目的とした、市場主導のビジネスモデルです。 世界的に有名な自然保護団体や、全米で人気の高いアサイー飲料を販売している企業なども、この活動に参加しています。

サンバゾン™社は、アサイー製品の他にも、アマゾンの地元の女性たちが製作したアクセサリーや、サンバの音楽を収録したCDなどを販売、 その収益をSAPの活動資金に充てています。
この活動は米国では既に認知されており、2006年11月には、優良企業の表彰として名誉のある “国務長官賞”(ACE)にノミネートされ、ライス元国務長官からは「小規模の会社がその相手国の経済、 環境と社会に作ることができる顕著な例」と評価されました。

感謝のことば

アサイー収穫には、実にアマゾン川流域の10,000人以上もの人々が携わっています。 これらの人々は、次世代へ託す熱帯多雨林を存続するために働いています。 私たちは、アサイーを通じた世界中との交流と、これまで様々なサポートをしてくださった方々に、とても感謝しております。

感謝のことば